トップ > プレスリリース > HFCによる国内初 上り100Mbpsサービスをシステム構築

プレスリリース

2012年09月26日

HFCによる国内初 上り100Mbpsサービスをシステム構築

ケーブルテレビのシステムインテグレータ シンクレイヤ株式会社(JASDAQ:1724、代表取締役社長:山口正裕、本社:名古屋市)は、株式会社ケーブルテレビ可児(本社:岐阜県可児市/代表取締役社長:小池準之典)が9月19日より開始したHFC(Hybrid Fiber Coax)ネットワークを利用した下り270Mbps/上り100Mbpsのインターネット接続サービスをシステム構築しました。

現在ケーブルテレビで加入者引込線に使用されている同軸ケーブルをそのまま使用した方式で、FTTH並みの上り100Mbpsの速度を実現するのは国内初となります。

サービスエリアは、ケーブルテレビ可児のサービスエリア全域(可児市、可児郡御嵩町)。

今回のサービスは、シンクレイヤが採用している米国アリス社が開発したDOCSIS3.0方式CMTSである「C4」に同社の最新モジュールを搭載し実現したもので、将来的には最大1.2Gbps(1,200Mbps)の超高速インターネットサービスも可能です。

株式会社ケーブルテレビ可児
http://www.ctk.ne.jp/
アリス・インターナショナル・ジャパン株式会社
http://www.arrisi.com/ (注:英語表記サイト)