トップ > 株主・投資家の皆様へ > 経営情報 > トップメッセージ

株主・投資家の皆様へ

経営情報

トップメッセージ

シンクレイヤ株式会社 代表取締役社長 山口正裕

弊社は、ケーブルテレビをはじめとする、放送・通信に携わる事業者様のソリューションプロバイダとして、ご要望に応じた最適なネットワークシステムの提案と、構築を第一に心がけております。

皆様の日頃のご愛顧に、深く感謝申し上げます。

新型コロナウイルス感染拡大等の影響により経済活動が低下し、東京オリンピック・パラリンピックは延期が発表されましたが、その一方で、テレワークなど社会的活動のデジタル化を進展させることが強く求められるようになりました。

令和2年度税制改正大綱に「5G導入促進税制」が盛り込まれるなど、情報通信インフラの高度化に対し、国家戦略として進める方向性が示されていることもあり、今後更にデジタルトランスフォーメーションが拡大していくものと考えられます。

ケーブルテレビ業界におきましても、大容量のケーブルインターネット加入者が前年度比約8.9%増と、通信での需要の高まりが顕著に現れていることから、次世代に向けての新技術やサービスへの対応が望まれており、設備増強に継続して投資されるものと考えられます。

この実現のため、弊社では光伝送路の冗長化が可能な独自のFTTHシステム「R-PON(Redundant-PON)」に、HFCからFTTHへのマイグレーションを網羅し、4K・8K放送からXGS-PON/10G-EPONといった超高速通信に対応した、弊社独自のネットワークアーキテクチャソリューションである「Remote R-PON」を積極的に提案いたします。

それに加えて、サービスの高度化に伴い複雑化していくシステム運用において、事業者様の負担軽減を目的とした「統合管理システム」の改善・提案も実施いたします。

また、毎年各地で発生している自然災害を踏まえた防災・減災への取り組みとして、地域の情報や緊急速報を住民の皆様にお伝えする『FM告知放送システム』や、多くの無線LAN機器メーカーとの接続実績を持つ『クラウドWi-Fiソリューション』等も引続き提案してまいります。

IR活動につきましても、投資家の皆様により分かりやすいご説明を心がけてまいります。

引き続き、変わらぬご支援を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。