トップ > 株主・投資家の皆様へ > 経営情報 > トップメッセージ

株主・投資家の皆様へ

経営情報

トップメッセージ

シンクレイヤ株式会社 代表取締役社長 山口正裕

弊社は、ケーブルテレビをはじめとする、放送・通信に携わる事業者様のソリューションプロバイダとして、ご要望に応じた最適なネットワークシステムの提案と構築をとおして、お客様の課題解決を第一に心がけております。

皆様の日頃のご愛顧に、深く感謝申し上げます。

昨年から続く新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、経済は段階的な回復は一部で見られるものの、当面はこの状況が継続するものと思われます。それに伴い、ニューノーマル時代を迎えることとなり、これまで以上に経済活動や人びとの生活といった社会活動全体において、デジタルトランスフォーメーションの拡大が加速されていくものと考えられます。

ケーブルテレビ業界におきましても、各事業者の売上高が堅実に上昇する中、その売上構成比率においては大容量のケーブルインターネット加入者が大半を占めるなど、多様化する消費者ニーズに応える通信サービスの需要が一層高まりを見せているため、次世代に向けての新技術やサービスに対する設備増強に継続して投資されるものと考えられます。

この実現のため、弊社では超高速/大容量の光ファイバーを核とした伝送システムに、複雑化したシステムを効率良く運用するための統合管理システムを加えた独自のネットワークソリューションである『Distributed R-PON(Redundant-PON)』を積極的に提案してまいります。

5Gの商用サービス開始とともに、AIやVR技術を用いたIoT/ICTの発展が促進され、弊社が提供しているネットワーク設備もそれらを支えるためにさらなる高度化が求められております。

そこで弊社では、消費者ニーズに則した事業者の要望に応えるため、ネットワーク機器の自社開発製品などを新たに加え、有線・無線を問わず、ネットワーク機器の拡充、販路の拡大を推し進めてまいります。

また、政策目標として示されたカーボンニュートラルに代表される、未来の地球環境を考えた世界的な取り組みである「SDGs」についても、経営に取り入れてまいります。弊社では、これまでもケーブルテレビネットワークや、防災・減災等を目的とした『FM告知放送システム』の構築をとおして、安全・安心に住み続けられるまち創りに貢献してまいりました。今後はそれをさらに一歩推し進め、弊社の事業活動のすべてにおいて、常にSDGsを意識した経営に邁進してまいります。

IR活動につきましても、投資家の皆様により分かりやすいご説明を心がけてまいります。

引き続き、変わらぬご支援を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。