トップ > 株主・投資家の皆様へ > 経営情報 > コーポレート・ガバナンス

株主・投資家の皆様へ

経営情報

コーポレート・ガバナンス

 

コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
 当社はコーポレート・ガバナンスの充実を、株主、取引先、従業員、社会などのステーク・ホルダーに対し、「企業価値の最大化」を図るための、効率性、透明性を持つ機能の強化と位置付けております。この企業価値の最大化の実現の担い手である全役員、全従業員には、企業理念や行動指針の徹底により、法律、社会規範、倫理等に関する意識の向上に努め、コンプライアンスやリスクマネジメントの強化を図ってまいります。

 

1. 企業統治体制(有価証券報告書提出日現在)
イ. 企業統治の体制の概要
 当社は、会社法第2条第6号に定める大会社には該当しませんが、同法の規定に基づく監査役会及び会計監査人を設置しております。コンプライアンスや重要な法的判断については、法務課を通じて顧問弁護士と連携する体制をとっております。
 当社のコーポレート・ガバナンス体制は以下の図のとおりであります。  

コーポレート・ガバナンス

(取締役及び取締役会)
 当社の取締役会は取締役6名で構成され、代表取締役社長である山口正裕が議長を務めております。取締役会は毎月1回開催され、必要に応じて臨時取締役会を開催しており、経営の基本方針、法令及び定款で定められた事項並びに経営に関する重要事項を決定しております。また、取締役会には全ての監査役が出席し、取締役の職務執行監視を行っております。

(監査役及び監査役会)
 当社の監査役会は3名の社外監査役にて構成され、常勤監査役である成田篤彦が議長を務めております。監査役会は定期的に開催され、取締役の職務執行についての意見交換、監視を強化させております。また、監査部と相互連携し内部統制監査を実施しており、会計監査においても会計監査人との意見交換により、共通の認識を保持しております。

(経営会議)
 当社の経営会議は、取締役及び常勤監査役、業務執行を行う各部門責任者等、招集権者である代表取締役社長によって指名された者で構成されております。原則として毎月1回開催し、会社の業務執行に関する事項のうち、定款及び取締役会の決議事項を除いた重要な事項を協議するほか、各部門間の情報共有及び意見交換により、迅速な意思決定を実現するとともに業務執行の強化に取り組んでおります。

(監査部)
 内部監査は、監査部(1名)が内部監査計画を立案のうえ実施しております。
 業務全体にわたる内部監査を実施し、業務の改善に向け具体的助言、勧告を行っており、実際の業務遂行は被監査部門の協力を得て、広範囲な業務遂行が可能な仕組みを作っております。

(会計監査人)
 当社は、会計監査人として、栄監査法人と監査契約を締結し、厳正な会計監査を受けております。


ロ. 当該体制を採用する理由
 外部からの客観的、中立的視点での社外役員によるチェックという観点から、社外監査役がその役割を全うすることによって経営監視体制が可能となり、コーポレート・ガバナンスの強化につながるため、現状の体制を採用しております。